トップ > マグ・ドライブ > マグ・ドライブレポート 第7回 私とMAG-DRIVE ~神村達矢~

マグドライブレポート背景

マグドライブレポート Mag-drive report

第7回 私とMAG-DRIVE ~神村達矢~

フィールドの状態はその一瞬一瞬で全く違う顔を見せ、時に味方し、時に大きな壁となる事がある。そんな中で釣果を安定し導いてくれるのは、ルアーの「飛距離とバランス」ではないかと思う。

飛距離が出れば狙う範囲は広がり、シーバスとのコンタクトする確率は上がる。

だがルアーのバランスが悪ければ、狙う範囲が広くても、ターゲットを捕食まで導く事ができない。またルアーのバランスが良く、捕食スイッチを直ぐに入れるルアーだとしても、飛距離が出なくては良い釣果を手に入れる事は難しいでしょう。

考えてもらいたいフィールドの状態は、常に一定ではなく変化し続けている。特に風などは「追い風・向かい風・横風」などルアーがキャストされ、水面に着水するまでの間、いろいろな角度から風の抵抗を受ける。

またルアーが水面に着水した瞬間からも包み込む水の中では、強さの違う水流の力がルアーに襲い掛かっている。

この自然の力をクリアにしてくれるのが、ジップベイツルアーではないかと私は思います。

私の中で今でも鮮明に残る釣行・・・

その日は河川上流から吹き降ろす風が強く、橋脚付近では跳ね返りの複雑な風が壁を作りあげていて、その風の壁を突き破る弾道が必要な状況・・・。その中で力を発揮してくれたのがマグ・ドライブであった。

キャストの瞬間、指に伝わるウエイト移動の感触、固定重心のルアーで味わう事の出来ないウエイトの移動を五感で感じ取り、キャストされるルアーは綺麗な飛行姿勢で〝見えない複雑な風の壁〟を突き破って行く。

ポイントまで届いたルアーはリップで水流を掴み、後方から前方のマグネットにウエイトを移動させる。同時にラインスラッグの処理で、確実にウエイトを前方に固定する事で、複雑な流れの中でも安定したバランスを手に入れ、シーバスの捕食のスイッチを入れる事が可能になります。そして高いキャッチ率に導いてくれたのだと私は知っている。

フィールドに無数に存在している自然の力を打ち破るアイテムとして、私は勧める。

『マグ・ドライブ搭載のジップベイツルアーを使って見ては如何でしょうか?』と!

マグ・ドライブレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ