トップ > マグ・ドライブ > マグ・ドライブレポート 第5回 MAG-DRIVEを使用するにあたり

マグドライブレポート背景

マグドライブレポート Mag-drive report

第5回 MAG-DRIVEを使用するにあたり

マグ・ドライブを使うにはある手法が有効になります。

それはキャスト後に「1ジャーク」入れること。

「1ジャーク」を入れることによりリップが水を掴み、ルアーが前傾します。その前傾により、キャストによって後方に移動したウエイトが前方に移動し、マグネットで固定され、マグ・ドライブ搭載ルアーは〝重心移動式ルアー〟から〝固定重心ルアー〟に変身します。

固定重心ルアーは当然、ボディの中でウエイトが動かないのでアクションが破綻しにくく、安定したアクションが可能となります。もちろん激しいサラシの中や流れの中でも、アクションが破綻することなく狙ったラインを確実にトレース出来ます。

では最初から「固定重心式のルアーにすればいいんじゃないか?」と思いますが、残念ながら固定重心式ルアーは飛距離、飛行姿勢に問題があります。固定重心式でも後方にウエイトがあれば飛距離は稼げますが、後方重心のルアーはアクションに問題が発生します。

しかし「1ジャーク」分の距離がもったいないと思われますが、それを差し引いても、余りあるメリットを手に入れることが出来ます。

そんな固定重心となったマグ・ドライブルアーは激しいサラシ、流れの中でも破綻しないアクションで狙ったラインを確実にトレース出来ます。

またジップベイツのマグ・ドライブ製品にはフックのサイズなどの変更にも耐えうる基本性能を持ち合わせています。これもウエイトが固定されることによる効果です。

フックサイズや軸の太さなど色々と試してください。きっとマグ・ドライブの効果を実感出来ると確信します。

ジップベイツルアーの基本性能である〝良く飛び、良く泳ぎ、良く釣れる〟がここにあります。

今から起こりうる大物との戦いのために。

今一度冷静になるために。

『気持ちを整える』という意味も含めて、一度お試しになられてみてはいかがでしょうか?

マグ・ドライブレポート一覧へ戻る

Copyright© zipbaits All rights reserved.

トップ